女性の悩み相談室トップ > 健康情報 > 頭痛について知ろう(4)

頭痛について知ろう(4)

頭痛は環境や季節の変化によっても出やすくなります。頭痛の起こりやすい時期は特に生活のリズムを崩さないことが大切。

片頭痛などに関係が深いセロトニンの分泌は、太陽の光を必要とするので、日中に肌を出したり軽い日光浴なども頭痛を防ぐポイントです。気圧の変化は脳が血管を拡張させる為に片頭痛が起こりやすくなります。低気圧が近ずくと、その影響で体が微妙にむくむことも。女性は特に、女性ホルモンの変化により月経前後や排卵期は女性ホルモンのエストロゲンの分泌の変動で頭痛が起こる人も少なくありません。そして毎日目に入ってくる、ブルーライトの光は脳の大敵です。パソコンやスマートフォンなどを使わないことは無いほど日々の日常で強い刺激を受けています。ブルーライトはとても強いエネルギーを持っていて、網膜から脳へとダイレクトに刺激がいく為に、脳への刺激がとても強いのです。対策としては画面の光を少し落としたりブルーライトをカットする眼鏡などを使用するなど、頭痛を起こしやすい環境を少しでも和らげてあげることも大切と言えるでしょう。