女性の悩み相談室トップ > ヘルニア > 頚椎椎間板ヘルニアが発症する原因と対処法

頚椎椎間板ヘルニアが発症する原因と対処法

頚椎椎間板ヘルニアは、普段の心がけによって十分に予防できる症状です。
また万が一発症してしまったとしても、きちんと対処すれば治癒することができます。

主な症状は腕や手の痛みやしびれ

頚椎椎間板ヘルニアとは、頚椎と頚椎の間にある椎間板がつぶれて、周辺の神経を圧迫する症状です。椎間板は弾力のある器官であり、何らかの理由で負荷がかかると、つぶれて飛び出してしまいます。
頚椎周辺の神経は、首から両腕に向かって伸びています。そのため、頚椎椎間板ヘルニアは腕や手に痛みやしびれが出るのが主な症状となります。最初のうちは首周辺に鈍い痛みが出ることが多く、症状も軽度です。しかし、次第に痛みが強くなり、腕や手まで痛み出すなど痛みの範囲が広がってきます。重症化すると、腕や手をが動かしにくくなります。

頚椎への負荷の蓄積が原因

頚椎椎間板ヘルニアになってしまう原因の一つが、普段の姿勢の悪さです。特に猫背の人は要注意です。猫背の姿勢によって頚椎の正常なカーブが失われてしまいます。こうなると頚椎に過度な負担がかかってしまい、椎間板がつぶれる危険性が高くなるのです。
また、頚椎椎間板ヘルニアは若年層よりも中高年層に目立つ症状です。加齢によって椎間板自体がつぶれやすくなっている上、頚椎への負荷の蓄積が頚椎椎間板ヘルニアとなって現れるのです。スポーツを行う習慣のある人は、無意識のうちに頚椎に負荷が蓄積していることがあるので、注意が必要です。

保存療法だけでも十分に治癒が見込める

頚椎椎間板ヘルニアの予防法は、普段の姿勢に気を付けることが第一です。また、首周辺の筋肉が凝っていると頚椎に負担がかかるため、適宜ストレッチを行って、首の筋肉を柔らかく保つのも効果的です。
一方、頚椎椎間板ヘルニアを発症してしまった場合の対処法は、湿布や痛み止めなどの保存療法が最初の選択肢となります。頚椎椎間板ヘルニアは自然治癒も可能な症状なので、保存療法で症状が和らぐようなら、当面は様子を見ます。
症状がひどく、日常生活にも支障をきたすようなら、手術という選択肢もあります。手術は、神経を圧迫している椎間板を除去するものとなります。