女性の悩み相談室トップ > 骨盤 > 靴底の減りで骨盤が歪んでいるかチェック!

靴底の減りで骨盤が歪んでいるかチェック!

骨盤矯正にいらした方の中には、普段の歩き方が歪みの原因を作っているケースも見受けられます。というのも、歩行時の推進力は骨盤の前方旋回によって得られるため、左右で足運びが均等になっていない場合、体重のかかり方に差異が発生するからです。

骨盤矯正によって歩き姿勢の改善は見込めますが、やはり日常的な歩き方で骨盤の歪みは大きくなりますので、一度ご自身で歩き方をチェックしてみましょう。簡単にできるチェック方法として、まずは靴底を確認してみてください。

外側が減っている

正しい歩き方ができていると、靴底は指の付け根と踵が同じような減り方をします。しかし、靴底の外側が減っているという方は、骨盤の歪みによって足の外側に重心がかかっている状態です。ガニ股やO脚など、膝や腰に負担をかけやすい歩き方になっている可能性があります。

内側が減っている

内側が減っている

体重を踵と小指の付け根で支えている状態の方は、靴底の内側が減っていると思います。

このタイプは足の裏にタコや魚の目ができやすく、背中から腰にかけて痛みを引き起こすこともあるため、骨盤矯正と併せて正しい歩き方も意識しましょう。

特に、O脚や猫背、ヒールをよく履く女性に見られます。

つま先が減っている

つま先の減りが早いという方は、常に体重がつま先にかかっている状態のため、腰への負担も大きくなります。また、外反母趾にもなりやすいため要注意です。こちらもヒールをよく履く女性に多く見られます。

踵が減っている

踵が減っている

踵の減りが早い方は、腹筋や背筋の筋力が衰えているかもしれません。

こうした筋肉の衰えは、骨盤だけでなく全身の歪みも引き起こすため、猫背や腰痛、ガニ股、血行不良などにもつながってしまいます。

片方だけが減っている

靴底が左右対称ではなく、どちらか片方が著しく減っている方は、全身のバランスが崩れていて骨盤の歪みも非常に大きい可能性があります。そのまま放置してしまうと、O脚や全身の痛みに関係してしまうため、早めに骨盤矯正を行うことをおすすめします。

横浜で骨盤矯正を受けてみたいとお考えでしたら、【横浜ロイヤルカイロプラクティック】をご活用ください。女性の施術者がマンツーマンで行うため、リラックスしてお過ごしいただけるのが特長です。最初にしっかりカウンセリングを行い、一人ひとりの状態に合わせて適切なケアを提案いたします。

骨盤の歪みを解決するために根本的な原因から探っていきますので、気になる点がありましたらお気軽にお申し付けください。横浜駅西口から徒歩3分と、横浜市外からもアクセスしやすい場所にあります。