女性の悩み相談室トップ > ヘルニア > 誰にでも忍び寄る腰椎椎間板ヘルニア

誰にでも忍び寄る腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアという病名は、誰もが一度は聞いたことがあると思います。
しかし、この腰椎椎間板ヘルニアという病気が、実は誰しも発病する可能性があることはご存知でしょうか?

腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病なのだろうか?

一般的に腰の位置にある背骨と呼ばれる骨は5つの椎骨が積み重なって形成されています。また、椎骨と椎骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨があります。腰椎椎間板ヘルニアとは、この椎間板に異常な外力が加わり、髄核と呼ばれる中心部がはみ出した状態をいいます。
はみ出してしまった髄核は、周囲は近傍の神経組織を圧迫され、痛み、しびれ、感覚障害、筋力低下、膀胱直腸障害、歩行障害などが生じます。また、椎間板ヘルニアのなかでも、腰椎椎間板ヘルニアが最も生じやすいです。発症は男性に多く、好発年齢は男女とも20~40歳代です。

加齢や日常生活に潜む主な原因

腰椎椎間板ヘルニアが発症する原因は、加齢による椎間板の老化にあります。椎間板の老化は10代後半からすでに始まっています。年齢増加に伴い、椎間板の弾力性が失われ、亀裂が生じるようになります。亀裂の生じた椎間板に反復して力が加わると、亀裂から椎間板の中心部にあった髄核が押し出され、椎間板ヘルニアが発症します。
腰椎椎間板ヘルニアは加齢の他にも、日常生活の運動や動作などの環境要因、生まれ持っての体質や骨の形などの遺伝的要因も原因として挙げられます。転倒や重量物の挙上によって発症が誘発されることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアにならないために

腰椎椎間板ヘルニアの予防では、日々の生活の中の姿勢や動作が、腰椎に過度な負担を掛けていないか気を配ることが大切です。例えば、床に腰を落ち着けたい時、あぐらや正座など、腰椎に負担が掛かる座り方は控えましょう。また重い荷物を運ぶ時は、腰を折り曲げて荷物を持ち上げるのではなく、一回一回しゃがみこんでからなるべく背骨を曲げないように荷物を持ち上げると、腰椎への負担は軽減されます。
また、万が一腰椎椎間板ヘルニアを発症したならば、迷わず病院に受診しに行きましょう。主に整形外科、内科、泌尿科などで診察を受けることができます。病院からは、発症した症状に合わせて適切な対処方法を提供されます。