女性の悩み相談室トップ > 産後 > 産後の骨盤の歪みを治すと、なぜ良いのか

産後の骨盤の歪みを治すと、なぜ良いのか

産後、体系が戻らずに困ったという話をよく耳にしませんか。
それには、骨盤の歪みが関係しているかもしれません。産後の整体の効果について、詳しく紹介したいと思います。

なぜ産後の骨盤矯正が重要なの?

妊娠中に太ってしまった方も、授乳を始めると体重が減る傾向にあります。しかし、体重は元に戻ったのに、体型が元に戻らないという方が多くいます。それはなぜなのでしょうか。
出産後、骨盤は広がった状態から少しずつ縮んでいきます。その時に、足を組んだりといった体を歪める行為をしていると、骨盤は歪んで戻ってしまいます。また、元々骨盤に歪みがあった方も、正常な位置へは戻りません。
骨盤が歪んでいると、下腹がポッコリと出たり、腰回りの脂肪が落ちにくかったり、腰痛などの原因にもなります。このような状態になる前に、整体に行くことで一定の効果を得ることができます。

産後の骨盤はいつまでに戻ってしまうのか

産後、骨盤は約6ヶ月の期間をかけながら、ゆっくりと閉じていきます。産後4ヶ月くらいまでは骨盤がしなやかな状態なので、整体に行くならこの時期がお勧めです。以前から歪みがあった方も、骨盤の矯正がしやすい状態なので効果が得られやすくなります。産後すぐの1ヶ月の間は、体力が回復していないので、無理に骨盤矯正をするのはやめておきましょう。
整体に行くまでの間、骨盤が気になる方は、骨盤ベルトをしておくといいでしょう。これは、腰痛対策にもなります。ただ、素人が骨盤ベルトをつけても、正しい位置につけられていないことが多く、産後、一度は整体で歪みを見てもらうと安心です。

骨盤矯正をしたら、どんな効果があるの?

産後に整体で正しく骨盤を戻すと、内臓が正常な位置で機能するようになります。これにより、栄養素の吸収が良くなり、疲れにくく痩せやすい体質になります。また、冷え性の改善により、血液やリンパの流れがよくなるので、代謝が上がります。
骨盤が閉じている状態で骨盤矯正を行おうとしても、時間がかかってしまいますが、産後の骨盤が弛んだ状態を利用することで、簡単に骨盤矯正をすることが可能です。そのため、効果もすぐに表れやすくなります。腰回りの筋力が落ちていると、矯正してもすぐに歪んでしまうので、整体と合わせて腰回りのストレッチやスクワットを行うと良いでしょう。