女性の悩み相談室トップ > 産後 > 産後の簡単な骨盤の治し方

産後の簡単な骨盤の治し方

お産を経験した女性の身体は大きなダメージを受け、子宮や骨盤は時間をかけて戻ります。
ストレッチなどをきちんと行って、産後の身体をケアしたいものです。

寝ながらできる骨盤のゆがみを治すストレッチ

産後ゆがんでいる骨盤を元に戻すストレッチがあります。
まずはうつぶせに寝ます。その状態で、2分間おしりをふります。2分たったら、おしり全体を手で軽くマッサージをするように叩きます。それが終わったら、もう一度おしりをふります。今度は1分間です。
ストレッチはこれで終了です。とても簡単ですし、貧血気味の人でも無理なく、身体を起こすことなくできます。産後の身体の戻り方は人それぞれなので、まずはゆっくり休んで、少し身体を動かせるようになったら、首を回したり、足首を動かす運動から初めて、慣れてきたらこのストレッチをしてください。

骨盤を戻すだけじゃだめ、このストレッチで子宮も運動

産後元に戻さなければならないのは、骨盤だけではありません。子宮が大きくなり、産道も開いています。つまり、膣も元に戻さなければなりませんが、子宮は2ヶ月近くかけて妊娠前の大きさに戻ります。ここでもとに戻らないと、その後の性生活に大きく影響がでます。そこで簡単にできる膣圧ストレッチをご紹介します。
まず仰向けになり、足を肩幅に開いてひざを立てましょう。身体の力を抜いてリラックスしてください。次に、息を吸いながら、肛門と膣を胃のほうに吸い上げるイメージで5秒間引き締めたら、力を抜きます。これを5回繰り返してください。
これを1セットととして、3回行い、慣れてきたら増やしましょう。

寝たままできる骨盤の体操

産後の骨盤の位置を戻してくれる簡単なストレッチをご紹介します。おきるのがつらい人でもできるので、無理のない範囲で行ってください。
まず、仰向けに寝て、膝をたてます。膝をくっつけて置いてください。立てた膝を床につけるように左右にそれぞれ膝を倒します。ゆっくりと行い、10回行いましょう。膝が離れないように注意しながら、膝を左右に倒してくださいね。
簡単なストレッチですが、膝がつかないこともあります。無理につけようとせず、毎日行って徐々に床につけられるようにしましょう。無理に行うことは身体によくありません。