女性の悩み相談室トップ > 生理痛 > 生理痛に対処してライフクオリティを向上させる!

生理痛に対処してライフクオリティを向上させる!

仕事や学業に支障が出るほどの生理痛は、女性にとって苦しいものです。
酷い生理痛や腰痛を緩和させるにはどのような方法があるのでしょうか?

生理痛を緩和するためにカイロを使う

生理痛は内蔵痛ではなく神経痛ですから、子宮周りを温める事によって酷い腰痛や痛みが緩和します。生理痛に対処する場合、じかに皮膚に貼る事ができるカイロを使用すると良いでしょう。
その際、お腹側から子宮に貼るのではなく、仙骨と呼ばれる尾骨部分に貼る事が重要です。仙骨は前部よりも子宮に近しい場所ですから、効果的に温度を上げる事ができるのです。同時に、おへその下にカイロを貼れば、二重で痛みを緩和させる事ができます。
子宮を温めるために温湿布を使用する方もおられますが、温湿布は基本的に患部を冷ます効果がありますので、カイロの方がお薦めです。

日常的に生理痛を緩和させる努力

生理が起こる前に生理痛を緩和したい場合、日常的に運動するようにしましょう。身体を鍛えている女性は、運動不足の女性よりも生理痛が軽くなると言われています。腸腰筋が弱まると、それだけで生理痛が酷くなりますので、常日頃歩くようにしましょう。特に生理による腰痛が酷い方は、骨盤を動かす事で効果的に腸腰筋を鍛えると効果的です。他にも、ブリッジが運動として適しています。
また運動は生理による痛みから人間の気持ちを遠ざけてくれる効果がありますので、生理が始まった際に気分がリフレッシュするような場所をゆっくり散歩すれば、それだけで良い痛みの対処法になります。

自分一人で我慢しない努力

重度の生理痛は自分自身で対処できないほど痛みが激しいものです。特に腰痛が酷い場合、日常的な家事さえ苦痛になってしまいます。そのような場合の対処法としては、整体に足を運ぶようにしましょう。女性の身体には生理痛を和らげるツボやポイントが存在していますので、整体に行けば施術者から痛みを緩和してもらえます。またマッサージには全身の血行を促進し、体温を向上させる効果がありますので、子宮を暖める上でも意味があるのです。
重たい生理痛は自己努力だけでは解消されません。生理専用の痛み止め薬も販売されていますので、そうした商品も賢く使用するようにしましょう。