女性の悩み相談室トップ > 健康情報 > 横浜も残暑厳しくまだまだ熱中症対策を!

横浜も残暑厳しくまだまだ熱中症対策を!

熱中症で救急車に運ばれている人数をご存知ですか?

昨年の5~9月までに病院に搬送されてた数は全国で約5万5千人を超えました。熱中症は重症化すると命を落とすこともあります。気をつけて予防をすることは、大事には至らずです。熱中症対策を十分に行い、最も暑い夏と言われている今年の夏を切り抜けましょう。熱中症が起こる原因は気温や湿度などが高い場所で体内から水分や塩分が汗となって失われて体温が上昇して起きてしまいます。炎天下の中で作業やスポーツをするとなってしまうのは勿論なのですが、一番多いのは室内なのです。特に高齢者は自分が喉が渇いていることや体温の上昇に気ずかずに発症します。熱中症の症状として軽度はめまいや立ちくらみ筋肉の強ばりなど、中度になると頭痛や吐き気、嘔吐なども加わります。重度では痙攣や意識障害まで現れます。軽症であれば体の体温を下げる為に冷やしたり、水部うの補給などですみますが中度異常であればその場で救急車を呼ぶことをお勧めします。こうなる前にこまめな水分補給を行い、直射日光を避けるようにしましょう。運動をして沢山汗をかいた場合は、1リットル辺り2g弱の塩と砂糖40g程入れたお水を飲んだり、スポーツドリンクで補給するのもよいでしょう。スポーツドリンクで気をつけなくてはいけないのが糖分です。カロリーオフのものや少し薄めて飲むなどをして糖分を取り過ぎないように気をつけましょう。