女性の悩み相談室トップ > 小顔矯正 > 小顔矯正[2]頭蓋骨について

小顔矯正[2]頭蓋骨について

頭蓋骨の形は変わってきます。

 

側頭筋、鼻根筋、前頭筋、に引き上げられ、そして、脊柱起立筋等の働きによって後ろに引っ張られています。このような、筋肉の働きがあって、横に広がった扁平な頭の形ではなく、きちんと後ろに引っ張られたかたちが出来てくるのです。

頭蓋骨の側頭骨や後頭骨は、あごや首の周りの筋肉とも繋がっているので、その骨格も変化して、幅広い顔の形も細面に変わっていくのです。

側頭骨はあごの周りの筋肉と繋がっている(胸鎖乳突筋 広頸筋 舌顎筋など)

胸鎖乳突筋とは胸骨と鎖骨から始まり、後頭骨に停止しています。

このことの様に、骨は筋肉にほとんど全て、繋がっているのです。

 

人間の体には血管と同じ様にリンパと呼ばれる管が体内を網羅しています。リンパというのは、体内で発生した老廃物を排出する働きをしていて、顔のむくみや凝りなどはリンパの滞りが原因とも考えられます。

 

次回もお楽しみに!

 

院長 中澤 祐子

http://www.yr-c.jp 横浜駅西口徒歩3分・女性専用院!

~こんな症状の方~

肩こり腰痛、産後骨盤矯正、骨盤矯正、O脚矯正、整体、歪み、猫背、頭痛、整理痛、自律神経の乱れ、不眠、イライラ、ヘルニア、めまい、むくみ、小顔矯正、花粉症、その他様々な不調に。