女性の悩み相談室トップ > むち打ち > むち打ち症の原因と対処、予防について知る

むち打ち症の原因と対処、予防について知る

むち打ち症とは頸椎の捻挫の事をいいます。
頸椎の捻挫なので整形外科での治療が有効ですし、整骨院や整体院でも治療が可能です。

むち打ち症とは?詳しく知る

むち打ち症とは、正確には外傷性頸部症候群と言い頸椎の捻挫の事をいいます。また脳に損害があった場合には麻痺などもでます。
症状は事故にあった当日はあまり症状がでませんが、翌日辺りから少しずつ症状が出始めます。症状としては靭帯や筋肉のなどの障害がでて首筋や背中、肩こりや痛み、耳鳴り、頭痛、吐き気、めまい、食欲不振などを訴える患者さんが多くいます。
主に整形外科でのレントゲン撮影により見つかる事が多くそれまでは分からないケースも多くあります。
むち打ち症の名前の付き方はその動作を打った後のしなった鞭から取られました。

むち打ち症の原因とは?

むち打ち症の原因は様々ありますが、自動車事故によるものが多いです。後ろから車にぶつかられたり、前の車にぶつかったりして大きく首が前後に動いたり左右に振られることでなる場合が多いです。
また、強い衝撃を受ける事で頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられた時になりやすく、労働中やスポーツ中でもなる場合があります。それを労働災害、スポーツ障害と言います。
他にも転落や出産、手術などが原因でなる場合もありますし、原因の見つからない慢性疲労症候群や慢性難治性症候群、難治めまい、線維性筋痛症が関与している可能性もあります。

むち打ち症の対処と予防に付いて

むち打ち症の対処としては、事故にあった場合にはすぐに整形外科でのレントゲン撮影をして診療方針を決める事が大切です。また、指や腕、脚などにしびれがないか?動かない場所はないか?などを調べる事も必要になります。むち打ち症が分かった場合には首や腰にコルセットをして固定したり歪みを治す牽引をした治療方法があります。
予防としては症状が出ていなくても頸椎の固定、固定具の装着が必要です。安静にして固定してさらなるダメージを出さない事が適切になります。また、枕は自分にあったものを使用するとよいですし、ストレッチもしておくことが大切です。