女性の悩み相談室トップ > 腰痛 > どうにかしたい生理前の腰痛の治し方

どうにかしたい生理前の腰痛の治し方

生理前になるとなぜかやってくる腰痛、ホルモンバランスのせいだから仕方ないとあきらめていませんか。
実はその腰痛を軽減する方法があるのです。そこで生理前の腰痛の治し方をご紹介します。

生理前に腰痛になるわけ

生理前の腰痛の治し方を知る前に、生理前に腰痛になる理由を軽く説明します。
生理前になると卵巣からリラキシンという女性ホルモンが分泌されます。これは出産のためのホルモンで関節や靭帯を緩める作用があります。したがって骨盤も歪んでしまうので支えが不安定となり、腰回りの筋肉が固く緊張し血行不良となり腰痛になるのです。
また生理前・生理中にはプロスタグランジンの分泌が増えることも問題です。これは子宮の収縮を促す物質ですがそれ自体に痛みを強める作用があります。過剰に分泌されることで収縮が強まり周辺筋肉が引っ張られると血管がしまって血行不良となり腰痛となるのです。

まずは食生活の改善から

生理前の腰痛の治し方として真っ先に思い浮かぶのが食生活の改善です。毎日栄養バランスよく適量食べているならいいですが、忙しくて偏ったり、ダイエットなどで栄養が不足している女性も多いでしょう。
特に気を付けて摂りたいのがカルシウムやDHT・EPAなどを多く含む食品です。こちらは痛みの原因のプロスタグランジンの分泌を抑える作用で知られています。干しエビ、しらす、いわし、ひじきなどを積極的に食べるといいでしょう。魚が苦手という方はαリノレン酸もおすすめです。えごま、あまに、くるみなどを食べると効果的です。

足浴やカイロなどで体を温める

生理前の腰痛の治し方として次にあげられるのが体を温めることです。特に夏の暑い時期などはシャワーでさっと済ませる方が多いですが、体を温める意味でも湯船につかる入浴がおすすめなのです。
そんな暇がないとか、そもそも部屋にバスタブがないという方もいるかもしれません。そんな時は洗面器にお湯をはって足浴でも十分体を温めることができます。20分から30分ほどで下半身が十分に温まり、腰痛改善に導きます。
足浴も面倒ならカイロで温めるのはどうでしょうか。貼るタイプの回路を下腹部や腰回りに張ることで温まり痛みが軽減します。ただその際は肌に直接貼ると低温やけどの恐れがあるので、下着などの上から貼ることは忘れないでください。